小林輝之の社長室〈長田(おさだ)工業所代表ブログ〉

本業のおさだ工業所のHPは「福井 坂井市 長田工業所」で検索!http://osadaindustry.web.fc2.com/

なぜ鉄と鉄がくっつくの?半自動アーク溶接のカンタンなしくみ

   


この記事の所要時間: 138

0791

溶接の方法はいろいろありますが、今回は素人の方でもやりやすい「半自動アーク溶接」についてカンタンに説明します。
IMG_5990

ハンダ付けや接着剤とどう違う?

半自動アーク溶接のカンタンな図を書いてみました。

半自動溶接法略図

よくハンダと間違われるのですが、接着剤のようにくっつけるのではなく、Aという鉄とBという鉄と溶接用のハリガネを電気放電の熱で「溶けこませて」一体とさせているんです。

手元のボタンを押すと、ワイヤ(溶接用ハリガネ)が先っぽから出て、溶接したい鉄に触れるとそこでアーク放電がおこります。

 

小さな雷をおこしている!

アーク放電とは、身近なものでいうと、蛍光灯のなかでおこっている放電と同類で、わかりやすくいうと、小さな雷をワイヤの先っぽと鉄の間にバチっとおこしています。

そのときの熱で鉄を溶かしているのです。

放電というと怖いイメージがありますが、ずぶ濡れの手で作業しない限り感電することはありません。

お家でコンセントは濡れた手で差し込まないようにしましょう、ということと同じです。

 

鉄の溶ける温度は1,538度

このアーク放電で、どれくらいの熱を鉄に与えるかというと、だいたい鉄の融点である1,538度~2,800度です。

一瞬で1,500度で鉄を溶かし、混ざり合って冷えて固まります。

ですので、溶接したてはものすごく熱いです。

鉄の表面の色が赤くなり始めるのが800度以上ですから、見た目はそうでなくても、素手で触ってはいけません。

———–

たとえば同じ車でも、子どもでも乗れるゴーカートのようなものから、大人でも免許がないと乗れない大きなトラックまでいろいろあります。

溶接もそれと同じように、電源の大きさで子どもでもできるものから、職人さんしか使えないものまでいろいろあります。


The following two tabs change content below.
@terukobayashi 小林輝之 ●溶接士免許から調理師免許まで幅広い経験をもつ福井県坂井市春江町の㈱長田(おさだ)工業所代表。 ●製造工場の改修工事業経営の傍ら、文章力向上のため毎日ブログを書いてます。 ●金属加工のワクワクを一般の方にも知ってもらいたいため、溶接キャラのLINEスタンプを作ったり、溶接工場をテーマパークにするプロジェクトを進めていたりしています。 Apple/LINE/読書/出版/経営/モノづくり/Amazon/ラーメンetc... 毎日更新してます。 ・広告記事などにも挑戦しています。原稿依頼はこちら⇒kobakoba5056あっとgmail.com

 - アイアンプラネット