小林輝之の社長室〈長田(おさだ)工業所代表ブログ〉

本業のおさだ工業所のHPは「福井 坂井市 長田工業所」で検索!http://osadaindustry.web.fc2.com/

階段の踏み板は木、手すりは金属が主流になるか?金属手すりの施工事例

   


この記事の所要時間: 121

0854
最近、新築一般住宅では、階段にこだわる施主さんが増えてきています。

おさだ工業所では、階段の手すりだけでもスチールで作るご依頼が増えてきました。

 

手すり(てすり、英語: Handrail)とは

使用目的によって補助手すりと墜落防止手すり柵とに分けられ(中略)柵状のものである。階段に沿って作られるものでは補助手すりと墜落防止手すり柵の両方を兼ねる。

日本の建築基準法では階段とその踊り場や、2階以上のバルコニーや屋上などに手すりを設置することが義務付けられている。
手摺 – Wikipedia

階段には必ず設置しなければならない手すり。

確かに無いと不安ですよね。

 

先日の施工写真

こちらのお宅は、手すりだけスチールでご依頼されました。

ビフォー。

DSCF3338

 

アフター。

DSCF3344

 

完成!

E195C3EA-2535-49BD-A775-E6B684AFE190

こちらのお宅も。

R0013433

別のお宅では、壁に付ける補助手すりのような役目のもの。

R0011604

もともとはこういった、製造現場や公共設備の安全対策のための手すりのご依頼が多かったです。

GRL_0039

R0013059

 

デザインには安全性も考慮して

注意点としまして、こういった金属の手すりはデザイン性重視のものが多く、あしもとが大きく開いている場合が多いです。

特に小さいお子さんのいる家庭では、その手すりの開口から落ちてしまうことも考えられますので、デザイン性と安全性を考慮していただくことが大事です。


The following two tabs change content below.
@terukobayashi 小林輝之 ●溶接士免許から調理師免許まで幅広い経験をもつ福井県坂井市春江町の㈱長田(おさだ)工業所代表。 ●金属加工のワクワクを一般の方にも知ってもらいたいため、溶接キャラのLINEスタンプを作ったり、溶接工場をテーマパークにするプロジェクトを進めていたり、インテリアブランド立ち上げにとりかかっていたりしています。 Apple/読書/出版/経営/モノづくり/Amazon/ラーメンetc...

 - おさだ工業所の提案力!