小林輝之の社長室〈長田(おさだ)工業所代表ブログ〉

本業のおさだ工業所のHPは「福井 坂井市 長田工業所」で検索!http://osadaindustry.web.fc2.com/

【虚構記事】坂井市が「坂丼市」樹立を宣言、丼物で地域おこしへ /坂井

   


この記事の所要時間: 128

0697

※※※ご注意を!これはぼくの妄想記事です!※※※

 福井県坂井市内の飲食店主らで作る「坂丼県プロジェクト実行委員会」が9月29日、同プロジェクトの発足を発表した。(坂井虚構新聞)

sakadonshi

ソースカツ丼、ナカノの煮豚丼、ヒーローズ焼き鳥丼など「ご当地丼」のバラエティー豊かな坂井市。他方で福井県坂井市は、三国港の海産物や坂井平野のコシヒカリなどの食材が多様であり、東尋坊や丸岡城など抱負な観光資源を持つ「観光王国」でもある。それらの背景から生まれた同プロジェクト。丼物と観光を組み合わせた「丼(どんぶり)食べつくし旅行」を地域おこしのコンセプトに据えた。

坂井市役所での発足式には同委員会の中心メンバー8人のほか、市長になった夢を見たという人、坂井市出身の高橋さんらが参列。同プロジェクトを広報する「坂丼一輪車」の紹介、坂井県の「井」に点を書き入れるセレモニーなどが行われた。協賛企業の一つ、おさだ工業所の小林輝之社長が「坂井市は生まれ育ったエリアで好きな市の一つ。丼物で福井県、坂井市がもっと元気になるよう、坂丼県プロジェクトに『賛丼』します」と激励するパントマイムも披露された。

同プロジェクトは今後、ウェブサイトでの情報発信、公式ガイドブックの無料配布、2026年サッカーワールドカップ坂井市誘致などの活動を予定する。同委員会委員長の中野忠幸さんは「JR春江駅から徒歩5分の、お肉とお惣菜の店 ナカノをよろしくお願いします!」と呼び掛けた。

※今が旬のこのニュース記事をオマージュさせて頂きましたm(__)m

福井県が「福丼県」樹立を宣言、丼物で地域おこしへ /福井 (みんなの経済新聞ネットワーク) – Yahoo!ニュース


The following two tabs change content below.
@terukobayashi 小林輝之 ●溶接士免許から調理師免許まで幅広い経験をもつ福井県坂井市春江町の㈱長田(おさだ)工業所代表。 ●金属加工のワクワクを一般の方にも知ってもらいたいため、溶接キャラのLINEスタンプを作ったり、溶接工場をテーマパークにするプロジェクトを進めていたり、インテリアブランド立ち上げにとりかかっていたりしています。 Apple/読書/出版/経営/モノづくり/Amazon/ラーメンetc...

 - ブログネタ頂きました