小林輝之の社長室〈長田(おさだ)工業所代表ブログ〉

本業のおさだ工業所のHPは「福井 坂井市 長田工業所」で検索!http://osadaindustry.web.fc2.com/

極太!なパイプでつくる重機用ガードレールは何人で組み立てるのか

   


この記事の所要時間: 112

0862

道路のハシのほうで、車が落ちないようにガードしてくれてるのをよく見かける、身近なガードレールですが、この極太パイプで作るガードレール(ガードパイプ)は特別です。

そのガードパイプの作業風景を撮りました。

直径165ミリのパイプを使うので、二人がかりでの作業です。
o0480036012395256514

手間をかけて、ちょっと変わった形に仕上げます。
o0480036012395256496

特にこういったパイプ同士をキッチリつなぐ時の加工に手をかけます。
o0480036012395256511

こういったナナメのところとか・・・
o0480036012395256528

こういった角っこの加工はパソコンを使って展開図を作ってから加工します。
o0480036012395256503

まだまだこういった加工をした部品もくっつける予定です。
o0480036012395256523

色んな部品をひとつひとつ作ってます。
o0480036012395256500

爪切りした後の爪みたいな残材がこんなに!
o0480036012395256519

 

 

車くらいの大きさのものならガードレールで充分でしょうが、大きな工場の大きなフォークリフトや採掘場とかの大きなトレーラーとかがぶつかったらイチコロですね。

おさだ工業所ではそういった重機がぶつかっても大丈夫なガードパイプの製作のご依頼があります。

普段目にする道路のガードレールは、量産品ですので専門のラインで作るのでしょうけれど、おさだ工業所では小さいものから大きなものまで、オーダーメイドで1品1品丁寧に作っております。


The following two tabs change content below.
@terukobayashi 小林輝之 ●溶接士免許から調理師免許まで幅広い経験をもつ福井県坂井市春江町の㈱長田(おさだ)工業所代表。 ●金属加工のワクワクを一般の方にも知ってもらいたいため、溶接キャラのLINEスタンプを作ったり、溶接工場をテーマパークにするプロジェクトを進めていたり、インテリアブランド立ち上げにとりかかっていたりしています。 Apple/読書/出版/経営/モノづくり/Amazon/ラーメンetc...

 - おさだ工業所の提案力!