小林輝之の社長室〈長田(おさだ)工業所代表ブログ〉

本業のおさだ工業所のHPは「福井 坂井市 長田工業所」で検索!http://osadaindustry.web.fc2.com/

西田一見「イヤな気持ちは3秒で消せる!」読書メモ

   


この記事の所要時間: 240

わたしはとりあえず、なるべく常に前向きにしておけば、なんとなく全てうまくいくと信じています。

でも、その日の体調や人のめぐりあわせで、イヤな気持ちになってしまう時もあります。にんげんだもの。

しかしこの本には、そんなイヤな気持ちになったときに、誰でもメンタルリセットできるんじゃないか、といった方法が書かれていました。

 

初級編の3秒ルール

下に読書メモを羅列しておきますが、この読書メモだけ見ても理解するのは難しいでしょう。

実際に本を見て、脳の仕組みやいくつかのワークを経て、自分なりの3秒ルールをつくっていくことが大事かと思います。

どんな感じの内容なのかがこちらのメモで少しはわかるかな、程度で抜粋させていただきました。

・イヤな気持ちを消す方法。そのすべてのカギを握っているのは、判断役である、あなたの脳なのです。

・私たちは、大人になればなるほど、生きるための経験値を蓄えると同時に、危険回避のために「イヤな気持ちを抱きやすい人間」になっていくのです。

・脳には3つのクセがあります。(中略)①脳は「イメージ・言葉・動作」をその通り受け取り、実現しようとする(中略)②脳は「現実」と「想像」の区別ができない(中略)③脳は記憶を「上書き」する

・あなたの言葉や動作は「出力」した瞬間、投げたブーメランが戻ってくるかのようにぐるりと回って、あなたの脳の中に「再入力」されるのです

・言霊の考え方は、脳トレーニング理論に照らし合わせて考えてみても、非常に理にかなっています。

・私たちは、(表情は)笑いながら、(気持ちは)悲しみ続けることはできません。人間の感情は、動作と密接に結びついているのです。

・(イヤな気持ちをリセットできる)今すぐできる初心者バージョン(3秒ルール)①大好物を思い浮かべます②「できる!」とつぶやきます。③笑顔になります④ダーッ! その「出力」を脳のアーモンド(扁桃核) に送り込みます。

91GyDN2P9yL

「ある出来事をイイ出来事かイヤな出来事か“判断”しているのはいったい誰なのでしょうか?それはあなたの頭の中、つまり脳です。」

こういったフレーズを観ると、ベストセラーの「嫌われる勇気」を思い出します。

人間関係で心がすり減っている方には、ぜひ合わせて読むことをオススメします。


The following two tabs change content below.
@terukobayashi 小林輝之 ●溶接士免許から調理師免許まで幅広い経験をもつ福井県坂井市春江町の㈱長田(おさだ)工業所代表。 ●金属加工のワクワクを一般の方にも知ってもらいたいため、溶接キャラのLINEスタンプを作ったり、溶接工場をテーマパークにするプロジェクトを進めていたり、インテリアブランド立ち上げにとりかかっていたりしています。 Apple/読書/出版/経営/モノづくり/Amazon/ラーメンetc...

 - 本読みました。