小林輝之の社長室〈長田(おさだ)工業所代表ブログ〉

本業のおさだ工業所のHPは「福井 坂井市 長田工業所」で検索!http://osadaindustry.web.fc2.com/

イチローの4000本安打達成と経営計画書について

   


この記事の所要時間: 412

継続王に、おれはなる!0295

ヤンキースのイチロー選手が日米通算4000本安打を達成しました!
イチロー 日米通算4000安打達成 NHKニュース

ずっとむかしに戻って、イチローが新人だった頃の1992年当時、オリックスの2軍打撃コーチだった河村健一郎は、イチローら新人たちにレポートを提出させています。
そのレポートの中でイチローは「12年間で2000本安打を達成する」と目標を書いていたようです。
常識的に考えて夢のような、馬鹿げた計画と当時は思われていたでしょう。

それから12年余りで予定通り達成、そのまた9年後にその倍の4000本を達成したことになります!よっ、天才!

イチローにとっての「12年間で2000本安打を達成する」というのは企業にとっての経営計画書の中の一文です。
その方針を定めたからこその偉業であり、いくら天才バッターでも目標のない行き当たりばったりでは到底達成できなかったでしょう。

 

おさだ工業所の経営計画書

昨日、そのイチローの偉業達成に沸く中で一方、大安吉日に社員を集めて経営計画発表会をしました。

とはいってもホテルのホールとかではなく、来賓者もない朝礼を延長してのものでした。

初めて作った経営計画書なので、さすがに全てをここで見せるのは恥ずかしい。
なので、表紙と経営理念だけお見せしたいと思います。

20130823-093737.jpg

表紙には、まだ「経営計画書」とはどんなものかすらわからない社員が多いので、「社外秘」と書かせていただいてます。
そして各社員の名前とぼくの実印が押されています。

経営理念は
「一、モノづくりを通じてすべての人々に幸せを」
「二、社員の成長と生きがいを創出し、その家族にも幸せを感じていただきます」
という二本柱です。

片方は「~幸せを」で、片方は「~いただきます」になっており、見た目に統一されていないのが気になります(涙)

しかし色々考えましたが、すべての人々に幸せになってもらえるような事業、商品をつくり、この日本にとって必要な会社となること、そのためには社員の人間としての成長と生きがいを見いだせる事業を作っていくこと。
この言葉が今のぼくの素直な気持ちであり、心にストンと落ちたんです。

その他に方針にまつわること、数値目標に関することなど、20ページにわたり書き上げました。

 

経営計画書の揚げ足取り

経営計画書には矛盾がいっぱいです。
揚げ足を取ろうとおもえばいくらでもとれます。

たとえば、経営計画書に

  • 「お客様第一」とか書いてあれば、「じゃあ安全は第二なんだな、危険を冒してやれということなんだな」とか
  • 「従業員満足を」とか書いてあれば、「じゃあお客様は二の次でいいんだな」とか

こんなナンセンスなことを言い出すひとがいてもおかしくありません。

前もって揚げ足をとって口にだしておくことで、将来その文言に外れたことを自分がした時のためにバリアを張っておこうという、その狭い心がもたらすものです。

 

イチローにも揚げ足取りはいたか?

イチローは小学生のとき、一流のプロ野球選手になることが夢でした。

  • 「じゃあ友達と野球以外のことで一切遊んだりしないということなんだな」とか
  • 「じゃあ家の資産投げ打って海外留学する、ということなんだな」とか

こんな頭のおかしな揚げ足取りをする人がいたでしょうか?

 

イチローは「12年間で2000本安打を達成する」という目標を立てました。

  • 「じゃあチームの方針よりも自分の目標を優先するんだな」とか
  • 「ホームランを狙って安打率を下げることに結びつくようなことはしないんだな」とか

こんな重箱のスミをつつくような揚げ足取りをする人をどう思いますか?

 

もし会社経営の矛盾を指摘するだけの社員がいるなら、それは人材ではなく無責任な人罪候補です。

経営者がずっと先の大きな目標を掲げ続けることによって、揚げ足取りをするような単純で視野の狭い従業員はいなくなることでしょう。

少なくとも長田工業所にはそのような社員はいないことを信じております。

その信じあえる仲間と、イチローの4000本安打に匹敵するような会社にしていくのが夢です。

 

あわせてよみたい

9/3発売予定です。予約注文できます。

 

 


The following two tabs change content below.
@terukobayashi 小林輝之 ●溶接士免許から調理師免許まで幅広い経験をもつ福井県坂井市春江町の㈱長田(おさだ)工業所代表。 ●製造工場の改修工事業経営の傍ら、文章力向上のため毎日ブログを書いてます。 ●金属加工のワクワクを一般の方にも知ってもらいたいため、溶接キャラのLINEスタンプを作ったり、溶接工場をテーマパークにするプロジェクトを進めていたりしています。 Apple/LINE/読書/出版/経営/モノづくり/Amazon/ラーメンetc... 毎日更新してます。 ・広告記事などにも挑戦しています。原稿依頼はこちら⇒kobakoba5056あっとgmail.com

 - おさだ工業所のヒトコマ, 時事ネタでござる