小林輝之の社長室〈長田(おさだ)工業所代表ブログ〉

本業のおさだ工業所のHPは「福井 坂井市 長田工業所」で検索!http://osadaindustry.web.fc2.com/

10年間ブログを続けて得られたものは?

   


この記事の所要時間: 336

継続王に、おれはなる!0301

ぼくは「10年間ブログを毎日書く!」と公言していますが、もうすでに10年間ブログを書き続けている諸先輩方はたくさんおられます。

そのなかのひとり、「ネタフル」というブログのコグレマサトさんは、10年間ブログを続けて得られたものをこう本に書かれていました。
[N]ネタフル

記事のタイトルの先頭が大事!

先日発売されました「プロ・ブロガーの 必ず結果が出るアクセスアップ テクニック100」では、細かい「アクセスアップのテクニック」を出し惜しみすることなく書かれています。

例えば、

■記事のタイトルの先頭に、もっとも大事なキーワードを書く

一般的なブログのテンプレートでは、「記事のタイトル ブログ名」が記事のタイトルになるため、記事のタイトルに検索されたいキーワードを含めることが、ブログのSEOのためにもっとも基本的で、重要なこととなります。(中略)
(もう一人の筆者のブログ)和洋風KAIでは、過去の記事を編集してタイトルのキーワードの順番を入れ替えただけで、検索結果の順位が上がったことを何度も経験しています。

ぼくのブログを書く目的はアクセスアップじゃないんだ!とは思っていますが、読まれないブログ記事ほど寂しいことはありません。
やっぱり先月よりも今月、今月よりも来月のページビューが増えていることが励みとなります。

知っている方にとっては当たり前のテクニックなんでしょうね。
なるべくブログタイトルの一番前に検索されやすい単語を意識するといいようです。

最近だとたとえば「待ち遠しいiPhone5S」じゃなくて「iPhone5Sは待ち遠しい」(キラーワードをあえて最初にもってくる)という不自然なタイトルのついた記事があったら、何を隠そうページビューが伸び悩んでいる時期だと解釈してくださいw

10年間続けると?

このようなブログのテクニックばかりではなく「アクセスアップの先に見えてくるもの」として、ブログを10年間書き続けて得られた経験も書かれておりました。

ぼくにとってはまだまだ先の長い道のりですので、一足先に10年後の景色を見た方の言葉は興味があります。

あらためて、ブログを10年間書き続けたからこそ得られたものを考えてみると、「仲間」の2文字が浮かび上がります。(中略)
「もう仲間ならいっぱいいるよ!」と思う人もいるかもしれません。(中略)しかし、ブログの仲間は、また違う意味を持っています。(中略)ブログの仲間とは、現在進行形で同じ時間を共有し続けていて、お互いのブログに書いている話題で話ができます。iPhoneやMacのディープな話を心ゆくまでできる相手というのは、どこにでもいるわけではありません。

年齢や社会的な立場などに関係なく、まったく違う背景を持つ者同士が趣味によってつながり、昔話ではなく現在進行形の話ができるというのは、とても貴重です。

ブログに限らず、趣味など継続できるものをやっていれば自ずとその趣味の仲間が出来、切磋琢磨していくことでお互いにレベルアップしできるんですね。

この著者はこれ以外にも今後またもう10年後はこうしていきたい、といったことも書いてあり、10年書き続けることなんてまだまだ通過点なんだな、と突然僕の目の前が真っ白になったことをお伝えしておきますう・・・(|| ×m×)オ、オェ・・

 

あわせて読みたい

今回の本はプロブロガー本の第二弾です。
第一弾はこちら。

 

 


The following two tabs change content below.
@terukobayashi 小林輝之 ●溶接士免許から調理師免許まで幅広い経験をもつ福井県坂井市春江町の㈱長田(おさだ)工業所代表。 ●金属加工のワクワクを一般の方にも知ってもらいたいため、溶接キャラのLINEスタンプを作ったり、溶接工場をテーマパークにするプロジェクトを進めていたり、インテリアブランド立ち上げにとりかかっていたりしています。 Apple/読書/出版/経営/モノづくり/Amazon/ラーメンetc...

 - 人生で大切なことはぜんぶブログが教えてくれた, 本読みました。