小林輝之の社長室〈長田(おさだ)工業所代表ブログ〉

本業のおさだ工業所のHPは「福井 坂井市 長田工業所」で検索!http://osadaindustry.web.fc2.com/

(実録)農業用の用水路の水止め修理は、これだけの大工事になることがあります

   


この記事の所要時間: 12

0852

用水路(側溝)の水止めが交通事故で曲がってしまったので修理して欲しいとのご依頼がありました。

弊社で作ったものではないのですが、柱部分が曲がっていたので、ぐいっと曲げ直して元に戻してほしいとのことでした。

イメージはわかるのですが、このような機工的なものをぐいっとその場で曲げ直すことはできません。

一度取り外し、自社工場に持ち帰えらないといけませんでした。

人力では持ち上がらないのでクレーンで持ち上げます。

DSCF3291

DSCF3294

DSCF3297

自社工場に持ち帰り、分解して真ん中の軸棒を曲げ直します。

また、両端の柱のほうは曲げ戻すよりも、新しい真っ直ぐなステンレスの「へ」の字の柱を付け直します。

で、後日、あらためて設置します。

DSCF3389

DSCF3390

DSCF3391

お客様からみれば、ぶつかって曲がったのだから、逆にクニュっと曲げ直せば治ると思ってしまうかもしれません。

金属の曲げはそんなに簡単なものでもなく、手間がかかります。

工場の専門の機械を使ったり、曲げるよりは新品の部品に取り替えたほうが加工費を抑えることができる場合があります。

 

 


The following two tabs change content below.
@terukobayashi 小林輝之 ●溶接士免許から調理師免許まで幅広い経験をもつ福井県坂井市春江町の㈱長田(おさだ)工業所代表。 ●製造工場の改修工事業経営の傍ら、文章力向上のため毎日ブログを書いてます。 ●金属加工のワクワクを一般の方にも知ってもらいたいため、溶接キャラのLINEスタンプを作ったり、溶接工場をテーマパークにするプロジェクトを進めていたりしています。 Apple/LINE/読書/出版/経営/モノづくり/Amazon/ラーメンetc... 毎日更新してます。 ・広告記事などにも挑戦しています。原稿依頼はこちら⇒kobakoba5056あっとgmail.com

 - おさだ工業所の提案力!