小林輝之の社長室〈長田(おさだ)工業所代表ブログ〉

本業のおさだ工業所のHPは「福井 坂井市 長田工業所」で検索!http://osadaindustry.web.fc2.com/

子どもの落書きから気づく「忙しい」について

   


この記事の所要時間: 26

たまに子どもの発言や落書きなどで、えっ!なにか乗り移った?と思うような真理をついてくることがありますよね。

CfFrM3dUAAAvNKn

グノシーで、こんな記事がありました。
【もはや哲学の領域】子どもこそが誰よりも深いとわかる10のツイート

 

忙しい人は○○に忙しい

この中にあったツイートの中で特にささったのはこれです。

この方の娘さんがこんな落書きをされているのを目にしたそうです。

「忙しい人は
忙しいアピールに
忙しい」

「忙」を頭に改行しているところがニクいですね。

わたしもたまに弱音を吐きたい時や余裕がない時に「忙しい」を使っていることがあります。

しかしその言葉を相手が聞いたところで「お、おう。。。」としか言えず、なんの解決もしてくれません。というか、できないですよね。

 

忙しい状態だけを目指すなら「忙しい」を使え!

心理学や脳科学の観点から言えば、その言葉を吐くことで実際にその状態になっていくようです。

例えば、仕事や日々の生活でスケジュールがスカスカの状態でなんとかしたい!と望むなら、たとえヒマでも「忙しい、忙しい」と言い続ければ忙しい状態になるのでしょう。

しかし、わたしの場合は忙しいだけの状態になることを目指しているわけではありません。

日々充実した人生を送りたいので「忙しい」ではなく、せめて「充実している」と言うようにしたいですね。

「充実している人は
充実アピールで
充実している」

よくわからない文になりましたが、どちらかというとこんな感じの状態なら歓迎です。

 

追伸:うちの子の場合

うちの小5の息子がカップ焼きそばをひとりで作って食べていたようで、テーブルにそのカラが置いてありました。

そこに乾燥の「かやく」が袋のまま残っており、具なしで食べていたようです。

かやくを入れ忘れてるよ、と言いたくて、どうして「かやく」を入れなかったのか息子に聞くと、

「かやく入れたら、どかーん!って爆発するんやろ!?」

と真面目なトーンで言ってきたので、冗談か本気かわからなくて、

「そやね・・・」とスルーしてしまいました。

今日も我が家は充実しています。


The following two tabs change content below.
@terukobayashi 小林輝之 ●溶接士免許から調理師免許まで幅広い経験をもつ福井県坂井市春江町の㈱長田(おさだ)工業所代表。 ●金属加工のワクワクを一般の方にも知ってもらいたいため、溶接キャラのLINEスタンプを作ったり、溶接工場をテーマパークにするプロジェクトを進めていたり、インテリアブランド立ち上げにとりかかっていたりしています。 Apple/読書/出版/経営/モノづくり/Amazon/ラーメンetc...

 - ブログ