小林輝之の社長室〈長田(おさだ)工業所代表ブログ〉

本業のおさだ工業所のHPは「福井 坂井市 長田工業所」で検索!http://osadaindustry.web.fc2.com/

センター試験受験生は意地でも遅刻しないわけ

      2017/01/16


この記事の所要時間: 126

センター試験の季節ですね。

もう25年前くらいのことで、わたしは残念ながらその緊張感などは思い出せません。

今年の受験日は、不運にもちょうど今年一番の寒波の日で、新聞でもこのように報じています。

「会場入り2時間半前も」ということでしたが、以前からわかっていた悪天候の情報で、学生や親御さん自ら判断して、けっこう早く会場入りしたようです。

加えて、会場の試験時間も少し遅らせてもらったようですね。

これだけ用意周到に早く到着していたこの学生さん達は、中学生活において「絶対遅刻しないぞ!」と、たとえば毎日一時間前登校をしていたのでしょうか?

もちろんそうではなく、この会場に遅刻してセンター試験を受けれなかったら、確実に人生に影響を及ぼすからですね。

原因に「電車の遅れで人生が変わった!」とか「渋滞のせいで遅刻してセンター試験が受けれなかった!」とか言いたくないからです。

では、会社に遅刻することについてはどうでしょうか?

寝坊で遅刻なんてのはあまりないとしても、電車が遅れてとか、渋滞でとか、一見外部の影響で遅刻することはたまにありませんか?

たぶんそういう外部環境で遅刻しがちな人は、今回のセンター試験の受験生の気持ちを思い出すとしっくりくると思います。

たしかに表面上は遅刻しても謝って済んでいるように感じますが、着実にその見えない借金はふくらんでいます。

もし最低限10分前行動など、基本的な価値観がない方は、人生を振り返って考え直したほうがいいでしょう。

 

Posted from SLPRO X for iPhone.


The following two tabs change content below.
@terukobayashi 小林輝之 ●溶接士免許から調理師免許まで幅広い経験をもつ福井県坂井市春江町の㈱長田(おさだ)工業所代表。 ●金属加工のワクワクを一般の方にも知ってもらいたいため、溶接キャラのLINEスタンプを作ったり、溶接工場をテーマパークにするプロジェクトを進めていたり、インテリアブランド立ち上げにとりかかっていたりしています。 Apple/読書/出版/経営/モノづくり/Amazon/ラーメンetc...

 - 時事ネタでござる