小林輝之の社長室〈長田(おさだ)工業所代表ブログ〉

本業のおさだ工業所のHPは「福井 坂井市 長田工業所」で検索!http://osadaindustry.web.fc2.com/

建具屋さんが作ったカッコイイ和風のベンチの足を鉄で作りました

   


この記事の所要時間: 142

0693

昨日のエントリーのままだと「大きなものばかり作ってるから、小さなものとか少量のものは相手にしないのね・・・」と思われそうだなあと思いました。

こんな風に、一般の方には関係ないんじゃない?と思われそうなので「そうではありません!」と追記しておきます。

昨日のエントリー↓

おさだ工業所ってナニ屋さん?ってよく聞かれます。こんな工場です。 | 長田(おさだ)工業所代表 小林輝之

 

個人のご相談も受け付けてます

先日、近くの建具屋さんの「西都建具店」さんから、こんなの作れる?とご相談がありました。

もちろん作れるものだったので、製作させていただきました。

そのときの西都さんのブログ記事です。↓

初めは脚も木で作ろうと思って色々とデザインを考えていたんですが

木だと強度的にどうしてもゴツくなってしまいます。

それだと今回の座面には似合わないだろうなーと考えていたら、

鉄パイプで作ろうと思い立ちました。

そこで、これまた商工会青年部のメンバーである

長田工業の小林くん に依頼。
10517706_633090610143138_4302076785109586638_n (1)

10460318_633090416809824_6653623593793022928_n

和風のベンチ|西都建具のブログ

最近はこのように、木製の素材の家具に、鉄やステンレスの素材を使うことが多いです。

そうなると一般によく目にする大量生産品とはぜんぜん違う、カッコイイ家具となります。

 

先日の溶接教室からヒントを得た

実は西都さんは、先日弊社でおこなった、鉄のスツールを作るワークショップに見学に来られて、そのときにこのアイデアを思いついたようなんです。

鉄工所「すご技」に挑戦 春江(福井県)で溶接体験教室 | 長田(おさだ)工業所代表 小林輝之

全く違う体験から自社の商品へと結びつける西都さん、まさにイノベーション!

ほかにもおさだ工業所では、個人の方の家の側溝の溝蓋を作ったり、スロープを作ったり、塀や門を作ったり・・・

 

ああ!また色々書きすぎて、おさだ工業所が何屋さんなのかが伝わりづらいことに(ノД`)シクシク


The following two tabs change content below.
@terukobayashi 小林輝之 ●溶接士免許から調理師免許まで幅広い経験をもつ福井県坂井市春江町の㈱長田(おさだ)工業所代表。 ●金属加工のワクワクを一般の方にも知ってもらいたいため、溶接キャラのLINEスタンプを作ったり、溶接工場をテーマパークにするプロジェクトを進めていたり、インテリアブランド立ち上げにとりかかっていたりしています。 Apple/読書/出版/経営/モノづくり/Amazon/ラーメンetc...

 - おさだ工業所の提案力!