小林輝之の社長室〈長田(おさだ)工業所代表ブログ〉

本業のおさだ工業所のHPは「福井 坂井市 長田工業所」で検索!http://osadaindustry.web.fc2.com/

福井大学大学院でのマーケティング論の授業で、学生さんにプレゼンしていただきました。

   


この記事の所要時間: 120

0749

アイアンプラネットがなんとか今年の流行語大賞に滑り込まないかと祈る毎日です(笑)

そう祈っていたからか、先日、福井大学の客員准教授の澤崎先生から、大学院の授業でアイアンプラネットの事例を使わせて欲しいとのお話がありました。

福井大学の大学院生に長田工業所の現状を説明し、その経営課題を見つけ、学生さんたちにコンサルタントしてもらう授業、ということのようです。

↓先日の事例発表の投稿

「アイアンプラネット」と地元国立大学「福井大学大学院」とのコラボが実現 | 小林輝之の社長室  [長田(おさだ)工業所代表]

このようにアイアンプラネットの中身を説明し、後日担当になった学生さん達に溶接教室にきていただいたりして、先日待ちに待った学生さん達のプレゼンの日。

今回は、アイアンプラネットのサポーターである出口さんにも同行していただくことになりました。

学生さん達のプレゼンに集中して写真を撮るのを忘れていたので、澤崎先生の撮影された写真です。

10805586_735753659837123_6292164312307452954_n

1456674_735753556503800_7148306687006168669_n

1424447_735753549837134_6341446573425687105_n

1969258_735753546503801_7228428348230648913_n

10423363_735753579837131_7630217486250725047_n

64285_735753609837128_733794264009593963_n

1470113_735753619837127_2354416868372885948_n

10454910_735753649837124_6236065014941034090_n

学生さん達の柔軟な発想、しかも数字的に根拠のある方策を聞けて、こんなにコンサルしていただいていいのかなあとありがたかったです。

ぜひとも学生さんたちにはアルバイトでもいいので、一緒にアイアンプラネットを作っていきたいところですが、残念ながらこれから勉学が忙しくなり時間が取れないとのこと・・・

いろいろ落ち着いたらスタッフとして来てほしいなあ、なんて思いました。


The following two tabs change content below.
@terukobayashi 小林輝之 ●溶接士免許から調理師免許まで幅広い経験をもつ福井県坂井市春江町の㈱長田(おさだ)工業所代表。 ●製造工場の改修工事業経営の傍ら、文章力向上のため毎日ブログを書いてます。 ●金属加工のワクワクを一般の方にも知ってもらいたいため、溶接キャラのLINEスタンプを作ったり、溶接工場をテーマパークにするプロジェクトを進めていたりしています。 Apple/LINE/読書/出版/経営/モノづくり/Amazon/ラーメンetc... 毎日更新してます。 ・広告記事などにも挑戦しています。原稿依頼はこちら⇒kobakoba5056あっとgmail.com

 - アイアンプラネット